あなたのオフィスが
撮影スタジオに。

フォトシミリ220

コンセプト

バッグなど幅の広い物から小物まで、すべてお任せ。背景自動切り取りも30秒。

バッグや半身トルソーなどを撮影する際、この撮影スタジオの中に入れるだけで、撮影、ライティング、編集、背景の自動切り取りが行われます。フォトシミリ220は、フォトシミリ200同様、専用設計の照明により、綺麗な白背景画像も撮影できます。幅74cm、奥行き81cmの広い構造により、様々なサイズの被写体の撮影ができることも、大きな特徴です。また、フォトキャプチャ360を中に納められますので、360度ビューを撮影するお客様もいらっしゃいます。

商品撮影をより効率的に

商品撮影の社内化が進む時代、入れ替わりの激しいアイテムの撮影、大変ではありませんか?ライティング~撮影~色調整~切り抜き~他商品との統一感~指定サイズへのトリミング。すべてを全商品に行うと時間とコストがかかります。フォトシミリ220はそのような時間のかかるワークフローを短縮することができる画期的な撮影システムです。

コンピューター制御の写真撮影

フォトシミリ220は単なるライトボックスではありません。コンピューター制御のカメラや照明のコントロールはもちろん撮影、編集、保存機能を使用することによりウェブカタログなどで 使用できる静止画の撮影を効率化することが出来ます。商品の写真が撮影されるとソフトウェアが自動的に編集処理や保存を行うことも可能で「拡張保存」を使えば複数のサイズ、 品質、保存形式での出力を1クリックで可能にします。

即座に白背景「ピュアホワイト背景」

フォトシミリ220の特別な照明環境・設定によりRGB(255,255,255)の「ピュアホワイト背景」の商品写真を簡単に撮影することが可能です。 ウェブショッピングサイトで一般的に使用される背景が白い商品画像を作成する際に役立ちます。

背景自動切り抜き「オートPNG」

オートPNG機能を使用すれば、撮影後すぐに背景を切り抜くことができます。 優れたエッジ検出機能により被写体を背景から切り離し、自動的に透過背景のPNG画像を作成することができます。 紙のカタログ等で背景を別の色やパターンにする際に活躍します。

忠実な色再現(高演色照明)

フォトシミリ220の特殊な昼光色照明は演色性に優れ商品の色を美しくかつ忠実に表現することを可能にします。これによりネットショッピングなどの返品リスクの低減を期待できます。

一貫性のある仕上がり

商品ごとに画像品質にバラつきがありお悩みではありませんか?フォトシミリ220の常に安定した蛍光灯照明は全ての撮影で均質な画像品質を提供します。また残像機能を使用することにより、全ての撮影の構図に一貫性を持たせることが可能になります。以前に撮影した画像を構図のテンプレートとして読み込み、別の被写体の撮影時に位置合わせの目安にすることができます。撮影日時や撮影者が変わっても、簡単に常に同じ構図で撮影することができます。

最適な照明環境

フォトシミリ220は、特別にデザインされたフロント、リア、ボトム、バックそれぞれのライトが被写体をムラなく均一に照らし出します。またサイドにもドアを配し光拡散板によりスムーズな被写体のセッティングと横からの光の反射を抑えます。

シンプルな操作性で最大限の効果

被写体を置きリアルタイムプレビュー表示、構図を調整すればすぐに撮影が開始できます。撮影後すぐにピュアホワイト背景の画像がモニター上に表示されます。 さらに数秒間で背景が透明なPNG画像として出力することも可能です。商品撮影や画像編集の知識は必要ありません。

多種多様な出力形式

フォトシミリ220で撮影した画像は、JPG、RAW、PNG形式で出力することが可能です。(対応CanonおよびNikonカメラ使用時)

主な機能

リアルタイムプレビュー

写真の撮影時の様子はPCモニター上でリアルタイムに確認をすることができます。

背景の自動切抜き

撮影と同時に写真の背景を自動で切り抜き透過背景のPNG画像やTIFF画像などを作成できます。

ピュアホワイト背景

簡単に美しい白背景の写真を撮影することができます。

カメラのリモート操作

カメラの露出、ピント合わせ、シャッターなど多くの機能を手元のソフトウェア上から操作することができます。

マルチカメラ撮影

複数台のカメラを操作することができる為、三脚を移動することなく様々なアングルからの撮影を行うことができます。

高演色照明

適切に配置された安定した照明により被写体本来の色味をしっかりと表現します。

調光

照明の明るさをソフトウェアのスライダーを使いお好みの値に調整することができます。

フォーカスピーキング

ソフトウェアが確実なピント合わせをアシストします。ピント合わせに自信の無い方でもシャープな写真を安心して撮ることができます。

ハイライト警告

撮影前に被写体の白飛びを確認することができます。背景が完全に真っ白になっているかを確認する際にも便利です。

残像プレビュー

プレビュー上に写真を残像表示することで色違いのアイテムの構図の統一が正確に行えます。

ハイパーフォーカス

特殊な合成処理により被写体の手前から奥まで全域に渡ってピントの合ったシャープな画像を作成できます。

余白のトリミング

撮影時に事前に余白調整ができる為、撮影後の編集作業を減らすことができます。

一括保存

マスター用、サムネイル用、ウェブ用と異なるサイズの画像を様々なファイル形式で一括で保存することができます。

多くの出力形式

JPG, PNG, GIF, RAW, TIFF, TGAなど多くの出力形式に対応しております。(一部出力時の条件有り)

拡大鏡

静止画や360度ビュー上で虫眼鏡ボタンを押すと3倍の拡大画像を表示することができます。

カスタム撮影

予め登録しておいた複数のアングルの写真を自動で撮影していきます。ショッピング画像の撮影作業がはかどります。

製品スペック

本体仕様

サイズ (L x W x H)
全体サイズ:105cm x 93.2cm x 152.4cm
(フロント照明展開時: 108cm x 99.1cm x 152.4cm ~ 180.3cm x 137.2cm x 152.4cm)
ライトボックス部:105cm x 76.2cm x 152.4cm
バックライト部:105cm x 17cm x 152.4cm
被写体最大サイズ
上からの静止画撮影:81.7cm × 73.9cm
横からの静止画撮影:81.7cm × 73.9cm × 90.9cm
本体重量
200kg
被写体最大重量
20.4kg

ソフトウェア動作条件

OS
Windows XP SP3 以上
Windows Vista SP2 以上
Windows 7
Windows 8
Windows 10 (各OS共、管理者アカウントでの使用)
CPU
Intel Core™ 2 Duo E6600 (2.2 GHz) もしくは AMD Athlon 64 X2 5000+ (2.6GHz)
(推奨 Intel Core™ i7 3.4Ghz 以上)
RAM
4GB 以上(推奨 8GB以上)
VGA
DirectX 9.0c 互換ビデオカード,解像度1024 × 768以上, 色数True color以上
その他
USB 2ポート,CD ROM ドライブ, インターネット接続およびE-MAIL接続 (オプション使用時)

構成品

主な構成品
電源コードx2
USBケーブル
47インチ蛍光灯×8(内スペア×2)
23.2インチ蛍光灯×14(内スペア×4)
布製ドアカバー
各種ネジ類
各種レンズに対応のトップショット用カメラマウントスポンジ×2
インストレーション・オペレーションガイド
1年間のソフトウェア無料アップデート
1年間の本体保証

スペックおよび構成内容等は予告なく変更になる場合があります。

導入事例

"誰でも綺麗に撮影できる、優秀な機材"

株式会社 ブランドオフ
事業部長 様
ご使用のシステム:フォトシミリ220、フォトキャプチャ360

65店以上の店舗(国内・海外)とオンラインストアで、ブランド品の販売と買取を行っているブランドオフの事業部長様にフォトシミリ220をご導入いただいた経緯をインタビューいたしました。

事業部長さまへのインタビュー

導入のきっかけは?

私たちの扱う商品は非常に高級なものが多く、質の良い写真を使いたいけれど普通に従業員が撮影するのではなかなか綺麗に撮れず限界を感じておりました。 それに加え、撮影にかかる時間という面でも効率的ではなく、どうしようかと考えていました。 また実際に店頭で手に取った時と同じ感覚で商品を理解できる「くるくる回せる商品写真」がだいぶ世の中に浸透してきているのもありそのようなところに興味を持っておりました。 そこで、前々から知っていたアポロクリエイトさんの商品・機材を検討してみようと思ったのがきっかけです。

導入前はどういう事に困っていましたか?

簡易的な撮影スペースでは光の当て方・影の付け方などの調節が難しく不必要な影が出てしまい、中々うまく撮れなかず困っておりました。

導入後の感想をお聞かせください

非常にコンパクトでスペースを取らない。 撮影自体も光の当て方にムラがなく余計な影出ず、その後のレタッチも簡単にでき業務の効率化が実現しました。 また限られたスペースで色々やれるのは凄いと思います。最初(フォトシミリ220が)来た時は、結構大きいなと思いましたが、撮影スタジオが入っていると考えたらそうでもないかなと。 操作はある程度慣れは必要ですが慣れると結構早く撮影できると思います。 ルイ・ヴィトンのダミエとか、モノグラムとか基本的に同じ色の被写体であれば、形状が違っても、「ダミエはこのモード」といったように撮影の設定を色ごとに記憶させれば早く撮影できると思います。

どういう会社にお勧めできると思いますか?

確実にファッションやアパレル系の会社にはおすすめしたいですね。あとアクセサリー、ジュエリー、時計を扱う会社にもおすすめです。 ファッション系のECサイトなどでは、春夏、秋冬、大量にいろんなSKUで商品が入ってくると思います。 それをいかに綺麗に、スピーディに撮影を行えるかが重要だと思います。トルソーに服を着せてくるくる回して撮ったりするのも非常に重要だと思います。 それによって購入率とかは非常に変わってくるんじゃないかなと。

フォトオートメーションを一言で表すと?

「誰でも綺麗に撮影できる、優秀な機材」ですね。

撮影担当者さまにもインタビューを行いました。

機材導入前の撮影や編集で困っていた点は何ですか?

環境によっては、背景や商品自体が暗くなってしまうことが結構ありましたので、その商品の色味が実際のものとは異なってしまうことです。

アイテムによっては撮影・編集の時間は長くかかっていましたか?

色を合わせるのには結構時間がかかっていました。明るくしたことによって、商品自体の色が飛んでしまったりすることもあるので、そういう作業にはすごい時間が掛かりました。

実際、触っての感想はいかがですか?

商品自体の色も鮮やかで背景の色もすごく綺麗に写ります。何よりも最後の加工で全然時間もかからずできたので良かったなと思います。

どういう業種や会社の方にこの機材は合ってると思いますか?

ネット上で色々販売されている方には、画像が一番大事だと思いますし画像によって売れる売れないがあるようですので、そういう方におすすめできると思います。